入力デバイスとしてのタブレットPCの可能性

iPadを初めとしたタブレット型PCの使い方として、今のところ就寝前後のWebブラウジングとメール確認が主な使い方なのではないだろうか。加えて言うならば、PCが専用のジョブか画面を占有してるときに、「バインダー」的なメモ参照・覚書の代わりなどでも使うイメージ。

もちろん、使い方によってはFile MakerのようなSQLデータの窓口としたり、VNC/X/telnet/SSHのような使い方や、クラウド的な使い方もいくらでも可能なのだが、冒頭の使い方が主流とするならば、いままでPCのなかでマウス・キーボード(ペンタブレットも含む)といった入力デバイスだけは一向に概念に進歩がみられなかったが、ディスク容量と画面と通信機能とモバイルをもった「入力デバイス」、言ってみればバインダー的な使い方・OSの構築の仕方が望ましい形に思える。

要は、下図のようなことだ。

いままでは、PCデータの授受やネット上でのデータ共有などに主眼を置いた利用シーンしか、中々想定されていなかった。

しかし、ちょっとしたメモやウェブのネット情報が主な利用で、外で取ってきた写真など、役立つ情報ソースがSSDという「あんちょこ」に存在するならば、いちいち母艦への転送してからの利用や、クラウド上のディスクへの転送を強く意識した利用しかできないというのは、間接的すぎる利用というものだ。(もちろん、上図のディスクイメージが通信を介したクラウド上のディスクでも、かまわないことはかまわないが)

もっと、ダイレクトに、右手のマウスで貼り付け位置を固定して左手でドラッグしたら、メモでもネット情報でも写真でも、Windows上のアプリで直接drag & dropできておかしくない。通信はWLANの帯域であれば十分だ。また、逆もしかりでWindows上のアプリのコピペデータが、ダイレクトに左手のタブレットに浮かび、それをタブレット(バインダー)の好みのとこにメモっておけてしかるべきというものだ。

物理的・技術的には十分可能なことであり、Evernoteなどを介さないといけない理由などない。(といっても、連携やドライバーをOSレベルで組み込まないと、シームレスな利用が難しそうだが)

これは、入力デバイスはキーボードやマウス、コピペなどはOS上のアプリ間、データ共有は母艦とのやりとりかクラウド共有のみという固定概念が、入力デバイスの概念的なイノベーションを阻害しているのだ。

さっさと、インテリジェント・タブレット・入力デバイスのAPIやプロトコルなど一般I/Fなどを標準化して、標準化競争を制した上で、あるべき姿と便利な利用を示すことができれば、もう少し、今の寡占状態が改善されるかもしれない。

いずれにせよ、タブレットPCが本当の意味で「革新的で魔法のようなデバイス」というiPadの売り文句の働きをするのは、もう少し先のことになりそうだ。


カテゴリー: ハードウェア タグ: , , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。