Windows7でスリープしない

またPCつけっぱなしで寝てしまった。1~2時間もすれば自動的にスリープ状態になるように設定していたはずなのだが、最近はスリープにならないようだ。

ググるとVistaやWindows7では、電源オプションのマルチメディア設定→メディアを共有するタイミングのところで、スリープになるのを許可にしておかないと、状態遷移を阻害してしまうらしい。

上記のように直して2分でスリープするようにして放置してみると、きちんとスリープに移行した。なんなんだよ、むかつくな。なぜ、デフォルトでスリープ阻害しないようにしないんだよ、うぜぇ。

そのままでも組んだばかりのPCはスリープするようなのだが、違いはどこにあるんだ?という疑問はさておき、原因となり得る以上、Windows7三台分すべて設定を変更しておいた。

最近・・・いや、ちがうか。ずっと、こんなのばかりだな。人間というものはつくづく不完全な生き物だ。


カテゴリー: ソフトウェア   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。