iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペン (PIP-TP2W)

プリンストンテクノロジー iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペンPIP-TP2Wが届いた。

PIP-TP2W

iPadは使い捨てのつもりで保護フィルムも貼り付けずに直に手で操作しているのだが、今まで特に不都合を感じたことはなかった。

ただ、この間SketchBook Pro for iPadとかインストールしてしまったので、千円くらいだし、あった方がいいかと思って適当にアマゾンの☆の数がソコソコ高いものを選んで買ってみたのだ。

適当に文字を書いたり、正月の時の絵に効果を入れてみたりして使ってみたのだが、おっかなびっくりしたタッチでは反応が薄いようで、結構、押し付けが必要な感じがする。

Pen_touch

ペン先を押してみると、ぐにゃっと惜し潰れるので、筆のような撫でるような感じではなく、普通のペンのように押し付けて「筆圧」を出すイメージで扱わないといけないようだ。

少し力を入れる関係で、なんだかデジタルというより普通のペンで書いてるような感じだ。それがいいのかもしれないが、少し画面が傷つかないか心配をしてしまう。

一応、指先よりは物理的に細いから、細かい文字が欠けるようになった気がする・・・手書きじゃなくても文字入るけど。

メニューのようにデジタル的にペン先を細くできるし、拡大して書いてから縮小すれば同じかも?”弘法筆を選ばず”というし、ペンでうまく書ける人は手でも、特に不自由なくかけるのではなかろーか。w

いろいろ(デジタル的)ペン先を変えていて気が付いたけど、正月のあけおめ絵のうさぎのほっぺに、恥じらい線入れるべきだったな・・・ちょっとコミPo!だけでいれられたかどうかわからんが、無ければ上記のように後書から加工するイメージで入れていくしかないな。

それはさておき、やっぱ、この手のレビューは、もうちょっと使い込むか、普段からこの手の道具を使いこんでるひとじゃないと、難しいようだ。


カテゴリー: 雑記 タグ: , , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。