WordPressサイトでブロックすると支障のあるIP

レスポンス改善の為にQuick Cacheプラグインを導入しようとしたら、「API のリクエストに際して、予期しない HTTP エラーが発生しました。もう一度お試しください」と表示され、プラグイン検索結果が表示されない。暫く前からダッシュボードのフォーラムなども表示されなくなっていた。

image

まるでファイアーウォール内でWordPressを設置する際に必要なプロキシを設定しないと発生するような症状だ。

スパムコメントが届くたびにiptablesでブロックしてきたので、ひょっとしてブロックしては不味いIPでも知らずに追加してしまったのかな?そう思って、DROP対象に追加したIPネットワークを一つずつ復活させてみると、以下を取り除いたところで冒頭の諸問題は発生しなくなった。

#required for WordPress#/sbin/iptables -A INPUT -s 72.233.0.0/17 -j DROP

頻繁にPOSTしてるからスパムかと思ったら、WordPressに必要だったようだ。

まぁ問題も解決されたので、当初の目的通りQuick Cacheプラグインこちらのサイトを参考に適当に設定した。効果は良くわからない。きっと早くなったはずだ。(ぉ そのうち、Googleウェブマスターの統計が客観的効果を教えてくれるはずだ。

image

当初はWP Super Cacheを入れようとしたんだが、パーマリンクを変更しないと動作しないようで、既に、自分自身の投稿に、散々、固定リンクを付けた投稿を重ねている関係で、今更パーマリンクの形式を変えると大量のリンク切れを起こしそうなので、やめた。

最初からわかっていれば、プラグインに都合の良い形式に変更した上で開始したんだが、後の祭りだよね。

WordPressは簡単に始められるように見えて、実は、このようなパーマリンクのデフォルトからの変更やお約束、さらには、こんな許可すべきIPネットワークのことまで、「最初から知っとけ、ボケッ!\(^o^)/」的な事が多すぎる気がする。

というか、もう、今まで何を設定してきたか覚えていない。そのうち、iPadまとめページみたいに、今までの投稿をインデックス化したWordPressまとめページでも作ろう。


カテゴリー: サーバ タグ: パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。