Content Aware SidebarsによるWordPressサイドバーカスタマイズ

今回はサイドバーカスタマイズの話。背景としては、WordPressのデフォルトでは、カテゴリーやタグなどのアーカイブ表示と、ホームの過去ページ表示で縦方向の長さにかなりの差が出ることによる。画像の有無やテキスト量がread moreで指定したよりも短く切られてしまうからだ。

image

最初はThumbnail For Excerptsプラグインを使って、カテゴリーやタグなどのアーカイブ表示でもアイキャッチ画像が出るようにしたものの、それでも縦方向の長さをそろえるには至らなかった。

そこで、サイドバーをカスタマイズして調整することにし、Content Aware Sidebarsプラグインを導入したというわけだ。このプラグインは上記の場合だけでなく、アーカイブと投稿それぞれ別個に、カテゴリー単位やタグ単位だけでなく1投稿単位に至るまで、好きなサイドバーウィジットをリプレイスしたり、マージしたりしてカスタマイズができる。

サイドバーをカスタマイズするプラグインは一杯あるんだが、あり過ぎて中には不完全なものもあり、必要性も乏しかったし、これだというプラグインを今まで探してこなかったが、これで解決だ。

というわけで、カスタマイズ例としてWordPressタグが付けられた”この投稿”で、サイドバーの右上にWordPress関連サイトのバナーを貼ってみた。

image

WordPressのタグをクリックしてアーカイブ表示すると、短めのサイドバーなどにするなど、あまり使われない箇所も綺麗にするなど、やりたいことが簡単にできた。

指定次第で、タグのアーカイブ表示でも投稿でも、WordPressタグではこのサイドバーというような指定もできるし、アーカイブ表示の時だけなどもできる。もちろん、タグの複数指定やタグおよびカテゴリーなどでのグルーピング指定もできる。

また、左図のように間に挿入(マージ)するだけでなく、ウィジェットエリア2の代わりに青と差し替えて表示(リプレイス)なども自由自在だし、追加したWordPrssの前後に、さらにマージ指定するなどのオブジェクト指向のような組み合わせ方も可能となっている。

そして、やろうと思えば、このポストだけ!とか、これとこの投稿だけは、こういうサイドバーというようなポスト単位の指定も可能になっている。

image

また、上記のように外観で別のウィジェットを格納することができるから、たとえばWordpress Popular Postsプラグインなどと組み合わせて、それぞれ別のプラグインオプション指定をすることで、右図のように特定カテゴリーの投稿を表示する際には、そのカテゴリー内での人気投稿(アクセス数が多い投稿)を表示させることも可能だ。

上記のようなことはphpレベルで条件指定分岐して書けば終了なんだが、こんだけカスタマイズできるものが見つかればCMSベースでも十分だし、テーマを変更しても安心というものだ。


カテゴリー: ネット タグ: , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。