記事についてツイートされた内容を記事に表示し返す方法

zenback使えよ。~fin~と言いたいところだが、zenbackが使えないブログでどうしようかと言う話。大体、こちらを参考にして画像のように表示させた。~fin~(ぉいw

image

元は、こちらの記事を参考にしたようだが、@以下のツイッターアカウントへのリンクが付加されていなかったので、冒頭の参考サイトのような手直しがされたようだ。

で、その場合でもzenbackのように短縮URL付きのツイート内容のURLにa href的なリンクタグが張られない状態だったので、俺のサイトでは更に手直ししたところ、右図のようにt.coなどもリンクが貼られた状態になる。

といっても、jQueryでtopsy APIを呼んで実現しているようだから、下記のようにreplace関数を使ってやればいいだけの簡単なお仕事だが、備忘録として残しておく。ググっても、自分のツイート張るブログパーツの話ばかり出てきて探すの大変なんだもの。w

zenback状態を実現するのは参考サイトを参照ということで、いきなり修正内容をdiff表示すると、ツイート内容がres[i].contentに入っているので、以下のようにした。

footer.phpにjQueryコードが埋め込まれているのは、「WordPressに表示遅延させない為のzenbackコード挿入位置」で述べたのと同じ理由で、遅延避けの為だ。

そんだけ。あとは参考サイトのCSSを少し調整したので一応それも書いておくと、

まずh3タグの装飾画像はこのブログのh3のように既に規定済みなのでコメントアウトして、marginもテーマに沿うように少し値を小さく調整。また、liタグでフォントを小さくしているをやめ、さらにTwentyTenテーマでリスト表示の前に「・」が付加されるのを取り除くためにmargin-leftを0にしてlist-style-typeをnoneとした。

そんなところかな…といっても、この投稿をしたサイトはzenbackに任せているんだけど。まあ、ブログパーツから分離して好きな場所にツイートを貼りたくなったら、このサイトでも自力で表示させるとしよう。


カテゴリー: ソフトウェア タグ: , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。