LOVELY QUEST (ラブリークエスト)

というわけで、HOOKSOFTの『LOVELY QUEST』初回限定版が届いた。初回限定特典はオリジナルサウンドトラックCD「サウンドクエスト」とファンタズマゴリアTCGの瑚乃瀬羽美プロモーションカードとオリジナルドラマCDだ。

LOVELY QUEST パッケージ

正確には、「ラブリースマイルに懸ける女の子たちの意気込みや吐息が全力で感じられる夢のようなドラマCD」…あぁ、夢がひろがりんぐだなって、なげぇよ!w

今回はトレーダーさんでポチったので、特典は桜庭水穂のタペストリー。組み立てられた状態で送られてきたので皺なしで感心。実は同じキャラでもグッドウィルのほうが絵柄は好みだったんだが、グッドウィルの特典代金は高く、普通に合計一万以上が表示されたのでやめてしまった。どうせ数百円の差なんだが、いつもタペストリーを畳んで皺つけて送ってくるしね。

今月はほかにも色々プレイしてみたいものもあったが、引っ越しやその他の事情で9月以降の注文を控えたので、これ一本を睡眠学習プレイする予定だ。(ぉ

だって『SuGirly Wish』のガーリートーキングシステムは相当眠かったからなぁ…今回も搭載されている同じラインの製品だから、良く眠れそうだと思っても仕方あるまい。

LOVELY QUEST パッケージ開封&特典それはともかく、さっそくインストールしようかな。全体容量は3.41GB、aviフォルダにオープニングmpegがあるので、NASにコピーして後でPS3かAirPlayでTV再生して大画面で楽しむことにしよう。と書いているうちにインストール終了、ディスクを抜いてディスクレスプレイ開始だ。

さてゲーム内容だが、極端なバカップルやナンパなどの風紀が乱れた学園で、節度ある純愛を探究して推奨するため、「ラブリースマイル委員会」を理事長指名で発足…( ゚艸゚)・;’.、ブッ なんだよ、そのウマ過ぎる設定。ツッコミどころ満載で思わず吹いたw

それに真面目なこと言っても仕方ないけど、卵子老化問題と合わせて考えると、それくらい風紀が乱れるくらいでないと過剰な晩婚化による少子高齢化なんて解消されないって、今では老人だってわかってる。規制なんて馬鹿げてるよ・・・って話は横に置いておく。^^;

話を戻して、委員会活動で探究と称してイチャラブし、売り文句の「頬を赤らめた女の子はかわいい!」様子をみせつけてくれるということらしい。まあ、その売り文句には異論はない。今までのレビューや感想でもタペストリーなどの絵柄にしても、重要視するところだ。

さて、それではゆるりと攻略を開始しましょうかね。しかし、導入部分からして、どう見てもHOOKらしいハーレムで”純”とは程遠いクソ甘々展開です。本当にありがと…うわぁあああ、背中が痒いぜ!こっちが恥ずかしいわwww

—/2012/9/30

いろはルートクリアしただけだが、もう採点しちゃっていいな。65点。

HOOKSOFT系は作業配分がうまく、省略しても問題ないところは力を抜いてくるものだが、今回手を抜いたところはストーリー。ラブスマ活動のお題に沿って、シチュを楽しむ短編シナリオを合わせた感じで、初めから終わりまで通したストーリー性が希薄。だから、特に文脈で盛り上がることがなく、ラストまで平坦に終わる。

そのかわり、単発シチュエロは良い出来になっているので、全体としてみればまあまあに感じるといったところだ。そのバランスをどう感じるかで評価は分かれる。

image

それにしても、やはりガーリートーキング・システムはダメだな。なにが問題かというと、終盤になると主人公を想って思い出し笑いやキャラ崩壊するような独り言をするんだが、声優一人が表現できる芝居には限界があるってところ。

折角、澄ましたヒロインが初めての情動でキャラ崩壊しているのだから、そこで「話は聞かせてもらった!(ガラッ」と別キャラを登場させて、掛け合い、からかい、面白おかしく展開をさせるのが定番というものだ。ところが、ガーリートーキングの特性である”独り言”という状況では展開が制限されて、声優さんが一人芝居で頑張るしかなくなる。そこに限界がある。

いずれにせよ、ライト系のバランスって難しいよね。感想としては、そんなところか。


カテゴリー: ゲーム パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。