引越し二週間後の風景

当初は昨日あたりに引っ越す予定だったものを二週間ほど前倒して10月末に引越しを果たし、二週間が経過した。我が家の情報ボックスにもフレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプが写真の通り引き込まれ、こうしてブログ更新もできるようになった。

我が家の情報ボックス

もっともブログ更新が滞ったのはネット環境のせいではなく気分の問題だ。フレッツの工事&ONUの設置自体は、集合住宅の場合と比較して戸建ての場合は割と手間がかかったものの引っ越し即日でネットは開通していた。

役所巡りと手を広げ過ぎた金融機関の住所変更、そして引越しダンボールを引きちぎってはゴミを排出するのに一週間、そして家族で使うテーブルやソファやコタツを慣れないプリウスを運転して見て回ったり、庭のDIY的なパルスソーラーライト(GSL-P6W)なんぞを買い込んで体裁を整えるのに一週間と、あっという間に時間は過ぎていき、ブログを書く気などしなかった。

ところでONUとルータ、そしてルータから各部屋に繋がるイーサーネットケーブルの為にハブをNTTや建築業界の人が呼ぶところの「情報ボックス」とやらに置いてみたところ、案の定、フタが閉められなくなってしまった。本当は16ポートHUBくらいないと全部屋のEtherのコンセントをフラットにカバーできないんだが、使わない部屋まで接続する必要もないよね・・・高いし。

各部屋からNASや自宅サーバに平等のアクセシビリティを得るには、情報ボックスと同じ部屋にQNAPやサーバを置かなくてはならないという固定観念がこの状況を生み出したわけだが、今から考えれば同じ部屋でも箱から床下に壁の中でケーブルを通してコンセントで出してもらえば、コードは隠せただろうし、別の部屋にNASやサーバの接続用のコンセントを通すことも可能だった。

もっとも、それは建てる際に最初に気が付いたことで、当初は配線を何とか説明しようとしたものだ。だが、説明しているうちに自分の頭の中で論理ネットワークと物理的なネットワーク配線図の対応に混乱をきたし通常の配線でいいとハウスメーカーに指示したから、自業自得ともいえる。

WLANイーサネットコンバータ

それはさておき、二階の角部屋に置かれた無線ルータからのIEEE 802.11a/b/g/nの電波が一階を含めた家中に届くとは思っていなかったから当初は一階にもWLANのリピータを設置していたが、無くても何の問題もなく隅々まで届いてしまい無用の心配だった。

電波状況に不安がないから、各部屋に設けたイーサネットのコンセントが望む場所になくとも、WLANイーサネットコンバータを置くことで、左図のように部屋の角にノートPC+自作PCを有線接続っぽく設置することもできる。

これは寝室の例で、お盆の祭りの際にテラスで打ち上げ花火を見る際の折り畳み机で、写真だけ見るとパソコンデスクにしか見えないが、ベッドから引き離してるから寝ながら端末を使うこともなくなり、今では無用の長物になりつつある。寝ながら流れるログを気にすることもなくなり、健康的になった。(ぉ

一階リビングにはPS3 torne+アクトビラ対応のテレビ+家族説明用のキューブPCを配置し、二階のリビングに置いたSonyのBDレコーダで録画した番組を一階で見たり、二階のQNAP NASなどに置いた動画・なども楽しめる。一階和室にもRD-X6なハードディスクレコーダを有線接続してあるのでネットワーク経由で操作可能だ。

パソコン部屋

二階のリビングではBDレコーダの他に別途8ポートハブでPC二台+プリンタ、iPad2にアップルTVを配置してある。アップルTVは最初は一階リビングに配置してAirPlayでテレビに写真を映して説明するのに使うつもりだったが、キューブPC経由で見せてばかりだったので移動した。

こうしてみると、今まで使っていたテレビでは小さくなってしまった。遠くて近視眼には手前のPC机からテレビの文字を見るのは厳しいな。

すべてのPCとQNAPは手元のiPhoneで無線経由でWOL(Wakeup On LAN)を送ることで起動できるようにしてあるから、一階にいても二階にいても外出していても自由に使える。

解約して家族のアカウントにしたiPhone4も家の中に居る限りは無線LANの圏内であるから、一階に据え置くことで内線としてだけでなく外出先からも、FaceTime端末としてiPhone4Sから無料電話のように連絡を取ることに使用できるようになった。

そんな思い描いた環境になったものの、自分以外に人が居るとPCに張り付く時間は激減した。テレビやビデオを付けている時間すら一日当たり1時間未満に落ち込んだ気がするので無駄だった…かな?普通、新居に移って書くことと言えばIT環境より、、キッチンなり風呂なり庭なり床の間に飾るブツのほうだもんな。

服装も無頓着だったからウォークインクローゼットがガラガラ過ぎて我ながらワロタ。何も使われていないブラックホールのような空間は、嫁さんがいることが前提で作られた間取りに一人でいることで生じる闇というわけだ。 ┐(´~`;)┌

二十年前に悟っていたはずのことを再度書くならば、人間、電化製品やPCに囲まれない自然な環境のほうが、トータルで幸せな人生を送れるのかもしれない。


カテゴリー: 雑記 タグ: , , , , , , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。