Final Fantasy IV for Smartphone

iOS版のFinal Fantasy IV for Smartphoneを買ってiPadでクリアした。クリアは30時間程度なので、外出先の暇な時間にiPhoneでプレイするのも良いかもしれない。

Final_Fantasy_for_Smartphone

昔のゲームだが相当にリメイクされていて、疑似3Dビューの3Dキャラでイベントシーンは豪華声優陣により喋りもする。元をプレイしたことがあるが、これはこれでいい出来栄えだった。

ただ、タップ操作がゲームに馴染むものではなく、iPhoneやiPadでプレイするよりは、DS版のほうがプレイしやすいだろう。ひょっとしたらUSBアダプタの先にUSBジョイパッドとかを付ければ認識して使えるかもしれないと思って試してみたものの、iOS 6.1現在では認識できなかった。

iOS版の利点と言えば、ミラー表示によるApple TVへのAirplayや、VGAアダプタやHDMIアダプタを使えばテレビに出力させることもでき、綺麗な画面表示とコンポのスピーカーによる音だしができたりすることかな。だが、それは据え置きゲームのプレイスタイルであり、携帯端末ゲームの意味がないという。

3回までデータを引き継いだ周回プレイが可能なのでアホほどやり込む人もいるのかもしれないが、俺は一回プレイしたらもういい感じだなぁ…バトルスピード最速にしてると疲れるし。^^;

Final_Fantasy_for_Smartphone_end

昔はそういうもんだと思っていたが、常時レベルが足りない感じでバランスがイマイチと感じることもあり、最後はお約束の”レベル上げ”に徹して冒頭のようにLv70くらいにするのが苦痛だった。(10レベルほど)

また、次のダンジョンやサブシナリオの繋がりが殆どない箇所も少し気になる。最後まできて、そういやバハムートところかリヴァイアサンも召喚できないけど何処?みたいな。(ぉい

あと、バトルをウェイトモードにしてもアクティブのような感じ。AppleストアのFF4評価でも似たようなことが書いてあった。だが、他のプレイヤーが時折報告しているような途中で落ちたり進行できなくなるようなことはなく、画像の通り最後までプレイできた。

とまあ色々と書いたものの値段相応には楽しめるんで、Final Fantasy 4だけでなく他の移植版も気が向いたら買ってプレイして懐古の情にふけることにしよう。


カテゴリー: ゲーム タグ: , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。