毎日面接するだけの簡単なお仕事

ほんの2~3か月前まで求人応募して面接に向かう日々を送っていたはずなのに、何の因果か面接する側にまわり、応募者相手に一人当たり20~30分前後で面接しまくる毎日。

mensetu_001

別にそれ自体に不満があるわけでもないが、コミュニケーション能力に乏しい俺が採用面接で見ず知らずの人と毎日面談するなど、去年あたりは考えもしなかったことであり、人生、先のことは全く分からないとシミジミと思う。

というわけでタイトルのように簡単なお仕事と感じることもなく、嫌な汗をかきながら実体験ベースで、「面接官の中にも、面接しにいった俺以上に緊張していた人もいたのかもしれない」ということを考えてしまった。面接官だからといって最初から熟練者であるわけがないし、偉くもないのだ。(俺は)

とはいうものの、いい歳ぶっこいているし百人以上も面接して流石に慣れてきたのか、面接中に上図のようなことを考える余裕もでてきたような気がする。(コラw

だからといって、今の段階で「面接の際にはこうするべきだ」とか「こう言ってはダメ」とかのNGワードなどを書けるほどノウハウを得たわけでもない。むしろ、ググったら「元人事担当者がつづる面接裏マニュアル」というブログに面接側熟練者の記述があり、俺が参考にしたい段階だ。

例えば、実は面接に来ない人が多いこととか、連絡しても電話をブチ切るとか、デスヨネーと同意できる事が沢山書いてある。ホント、世の中には色々な人がいて困ると思っても、それが日常茶飯事であるとわかるとほっとする…わけもなく、ウゼェ!www

まあ相手のことを言っても仕方ないので、俺自身もっと精神的に老成して、面接や電話連絡でちょっとやそっとで動じないよう、豆腐メンタルを鍛える必要がありそうだ。


カテゴリー: 転職・再就職 タグ: パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。