Windows 8.1 Preview on VMware ESXi

Windows 8.1 PreviewがリリースされたのでVMware ESXiにインストールしてみた。仮想マシン設定は、Windows 8 (64bit)を選んでBIOSをEFIにするだけで特に問題なくインストールできた。

Win8.1_preview_install11

その後、VMware vSphere Clientからコンソール画面を出すのも面倒なので、右図(クリックで拡大)の通りリモートデスクトップの設定を「このコンピューターへのリモート接続を許可しない」から「このコンピューターへのリモート接続を許可する」に変更し、Windows 7などから普通にリモートデスクトップ接続で使えるようにした。

リモートデスクトップの設定は、コントロールパネル>システムとセキュリティ>システムから、左上メニューのリモートの接続をクリックすれば右図のように設定ウィンドウを表示させることができる。live.jpのアカウントを設定した場合には、ユーザー名をMicrosoftAccount\ユーザー名@live.jpのようにログオン設定で入力すればOK。

なお、リアルPCにインストールする場合にはISOファイルをDVDに焼くか、Windows 8.1インストールUSBメモリを「Windows 8インストールUSBメモリ作成」で記載した手順で作成すればOK。ISOファイルおよびプロダクトキーは、ダウンロードページに記載される通り。

さて、Windowsスタートボタンを改善したとかなんとかだが、俺の目には変わったように見えないんだが、きっと気のせいだろう。どうせ、過日に書いた最低限覚えるべきWinキーのショートカット操作で、必要なアプリなり設定に行き着く仕掛けに変わりはない。

一応、便利になった(?)かもしれないと思ったのはSkyDriveが標準設定されたことで、前述のようにlive.jpのMicrosoftアカウントを設定すれば、クラウドストレージがシームレスに利用できる。

Win8.1_preview_install5

で?それってWindows Live MeshをインストールしてSkyDrive同期をはかるのと使い勝手的に大きな変化はあるのと問われれば、

「オラ知らね(゚⊿゚)シラネ」

と言うのもなんなので書くと、ファイルの実体が常にマイクロソフトのサーバにあって、ネット環境が貧弱だとファイルを取りに行くのに時間かかるかも(ry…って書くと退化したイメージになるので書かないでおいてあげよう。w

だってほら、「PCが飛んでもクラウドにデータ残ってるから安全・安心だぉ!」というのがクラウドストレージの常套セールストークなわけだから、欠点を書くのも野暮だろう。エクスプローラー上に表示されたSkyDrive上の画像をダブルクリックすると、いきなり全画面の画像表示アプリに飛ばされてタイルUI表示に逆戻りされるのも、きっと悪意はないんだぉ!www

そして、新規搭載のInternet Explorer 11を使って早速Google Chromeをダウンロードした。(ぉい

まあ、いずれにせよデスクトップ表示でショートカットを沢山並べて必要ソフトを入れたりカスタマイズを重ねれば、今までのWindowsの使い勝手と大差なくなるんで、ユーザー見えで大騒ぎする変化もない。

旧来Windowsユーザーが抱くWindows 8.1系統の感想なんて、そんなもんだろう?┐(´~`;)┌


カテゴリー: ソフトウェア タグ: , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。