Janetterで利用する画像アップロードサービスをTwitterに変更

先日、画像付きでツイートした際に画像がうまく出力されないで宣伝だけ出てきてしまうような変な状況になった。そこで、iPhoneで写真を撮った後、そのまま公式アプリで写真付きでツイートしたところ、公式アプリではpic.twitter.comのURLとして画像がアップロードされていた。

image

な~んだ、Twitter公式で画像アップロードまで面倒見れるってことなら、わざわざサードパティの画像アップロードサービスを利用するメリットもなかろうと、これを機会にJanetterの設定を見直すことにした。もともと画像アップロードサービスを自分で考えて設定したわけでもなく、デフォルトで設定されていたものをそのまま使ったらyFrogが使われていたというだけなのだ。

設定自体は簡単で、設定>高度な設定>画像アップロードサービスで出てくる画像のプルダウンメニューからTwitterを選ぶだけの簡単なお仕事。これで公式アプリと同じくTwitterの画像サーバにアップロードされるようになった。

ひょっとすると今ではJanetterのデフォルトも変わっているかもしれないが、以前からインストールされていると昔の設定のままということなのかもしれないな。 ┐(´ー`)┌


カテゴリー: ネット タグ: パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。