FINAL FANTASY VI for iOS

先日、Android版に続いてiOS版のFF6がリリースされたので、ポチって適当にクリアした。オリジナルは1994年であり20年前の懐古ゲームの類だ。

20140212_143726000_iOS

新しい点としてはFF6からiCloud対応になったことで、セーブデータをiCloudストレージを通して共有できるようになり、プレイするデバイスを通勤通学中はiPhone、自宅ではiPadなどと、やっと切り換えられるようになった。

さて、FF6はといって思い出すためのキーワードはティナ「まだ頑張れる」&オペラ調。逆に、それしか覚えてなかった。(ぉ

システムとしては召喚精霊が死して魔石化することで持ち主に魔法の力=魔導を操る力を与えるもので、装着しながらバトルしていくうちに各精霊固有の魔法を覚えていくというもの。魔法なんて、ファンタジーの世界では当たり前に存在すべきもので、黒魔導師、白魔導師が成長に従って条件なしで覚えてくれよと思ってしまう俺にとってはメンドイ。

また主要キャラそれぞれにシナリオが用意されていて、パーティが固定されない展開が続き、最終的には14人のうち12人、4人パーティを三組切り替えて操ってボスキャラに到達するという。俺の好みとしては、入れ込んだキャラをずっと使いたいので苦手だ。

だがファイナルファンタジー特有の魔法体系、召喚システム、二刀流、八回攻撃などは生きているので、それなりに楽しめるはず。そう思っていたときが俺にもありました。AA(ry

20140212_131010000_iOS

ところが、タッチパネル用に新開発したというユーザーインターフェースが腐っていて、アクティブバトルで時間経過とともにメニューが下からニョキニョキと生えてくるようになったり、マップ上の移動もFF4やFF5から劣化。

それでいて、オペラの時間制限、火事場の時間制限、帝国での夕食後の兵士とのお話時間制限やゴゴを仲間にするダンジョンでの団長のヒゲを入手する際の邪魔をするキャラの移動速度やアルゴリズムはそのまま。ままならぬキャラ移動にイラつかされた。どうしてこうなった。^^;

どうやら移植開発の会社を変えたらしく、FF4やFF5からシステム流用するだけの簡単なお仕事をしなかったらしい。そんなバカなというか、移植版の開発にも色々と開発会社の事情とかがあるんだとシミジミと感じた。

ところでFF6まで移植されたということは、つぎは3Dモデリングやポリゴン化されて大幅な発展を遂げたFF7の順番ということに。スマホのスペックで移植出来るのかわからんが期待してしまう。だが、それと同じくらい次はもっと他社を参考にマトモなUIにしてほしいと願ってやまない。


カテゴリー: ゲーム タグ: , , パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。