CitibankのToken到着とメール式One Time Passwordの廃止

2014年2月23日からシティバンク銀行のオンラインバンキングで用いるワンタイムパスワード(One Time Password = OTP)について、E-Mail式のOTP送信が廃止になる予定だ。

Citi_Token

そこで、しつこくトークン(ワンタイムパスワード表示端末)の利用を進めるメールが送られてくるようになったので適当にポチっていたものが、今日届いた。大きさとしては自動車のワイヤレスキーくらいで厚さは3ミリくらいで、写真の見た目よりコンパクトな印象だ。

どうやら、携帯やE-Mailでパスワードを送る方式はセキュリティ的に問題があると判断したようで、外資系に限らず邦銀でもいつかはトークン配布なり、他の方式に移行することになるのかもしれない。

だが、三菱東京UFJを例にとってみると、「インターネットバンキングのログイン時の本人確認方法を一部追加します。(平成24年2月12日(日)より)」という知らせにある通り、携帯にOTPパスワードを送る方式を今月に導入したばかり。だから、邦銀が同等レベルのセキュリティを一般のリテール顧客向けに導入するのは相当先のことかもしれない。

話を戻して早速OTPパスワードを表示させてみた。写真右下の緑のボタンを長押し2秒でパスワードとなる数字が生成され、もう緑のボタンを短くていいので押すと消えるようだ。

そう、消し方がマニュアルに書いてないので覚え書きとして残しておこうかと。トークン端末に小さく記載してあるDelという文字を見てエスパーしろよってことだ。液晶表示したまま放置すると電池が早めに尽きて、”有料で再発行”してもらうことになる。(初回は無料なので、今回は無料)

どっちにしろCitiの口座はあんまり使わなくなってしまったからどうでもいいかもしんない。


カテゴリー: マネー パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。