Windows10への無償アップグレードで起きた問題

先週あたり、うざく告知される「Windows10を入手する」表示に釣られて試しに手持ちのPC2台をアップグレードしてみたが、一台は問題なさそうだがもう一台はダメダメだった。

image

Windows7では問題がなかったWOLが効かなくなったり、PC起動時間が信じられないほど長くなったり、サスペンド・スリープ状態から勝手に起動するようになったりした。

ネットワークカードがRealtekだからだろうか・・・Intelで固めたもう一つのPCは何の問題も無いので、デバイスドライバの対応が甘いとしか言いようがない。

そんなWindows10も褒められた点が一つあるとするならば、それはWindows7にこうして戻すことができることだろうか。

Windows10がスリープから勝手に復帰する問題については、電源オプションや起動オプションなどを修正するとよいということをググったものの、それらを解決しても問題は解決しなかった。

Windows10_blue

RealtekのWOLが効かない問題は、Windows8.1のドライバに差し替えることで解決するが、ドライバが8.1のせいか、WOLをマジックパケット以外は受け付けないオプションにチェックを入れようとすると冒頭のブルー画面に直行だ。orz

ログを見ては原因を取り除くデバッグ作業をしながら、「なんでユーザーがOSのデバッグに付き合わねばならんのだ?」という根本的な疑問が浮かび、さっさとWindows7に戻して事なきを得た。

OSのUX以前に、ちゃんと動作確認くらいはしてほしいよなぁ・・・という結論。というか、自作にせよ、メーカー製にせよRealtekのNICは、やはり避けた方が良いな。NICを拘ったところで、値段に大差がでるものでもないし。

とりあえず、一台だけWindows10のまま様子を見てみるとしようかな。iPadなどからのリモートデスクトップでは、タブレット向けのUXとデスクトップ向けのUXが切り換えられるようになって操作感は良くなった…と、一応フォローも入れておく。^^;


カテゴリー: ソフトウェア タグ: パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。