稼働させているプラグイン

WordPressはプラグインをインストールすることで簡単に拡張することが可能だ。まぁ、正直言って”WordPress プラグイン”でググれば、腐るほど出てくるだろうから説明は簡潔なものとする。どちらかというと、個別の機能よりも、「どうしてそれが必要になったのか」についての方が重要だ。

スパム対策系

image

  • Akismet
  • SI CAPTCHA Anti-Spam

ブログと言えばスパム。まずはWordPress.comのアカウントを取ってAPI keyをゲットし、アンチSPAMプラグインのAkismetを有効にしないと話は始まらんのよさ。

それを通り抜けてくるようになったら、更にコメントに、ぼやけた画像の文字を読み取らせて入力することを必須とするCAPTCHAと呼ばれるスパム対策プラグインを導入している。(SI CAPTCHA Anti-Spam)

それでもダメなら、.htaccessやiptablesでDROPしてる。外側:IPバン>CAPCHA>Akismet:内側の順で、上記のグラフは、SPAM防波堤で一番内側のAkismetのカウントな訳ですな。

更新通知系

  • WordTwit
  • Google XML Sitemaps
  • WordPress Facebook Open Graph protocol

ブログ更新通知には標準でping機能を搭載しているんだが、それ以外として投稿と同時にTwitterにツイートをするWordTwitと、XMLサイトマップファイルを作成してGoogleをはじめとした検索サイトに、XMLサイトマップファイルの更新を通知するGoogle XML Sitemapsがある。

Tweetの必要性は投稿の仕方の説明で既に書いた通りだ。XMLサイトマップの通知は・・・まぁ、念の為だ。なお、GoogleウェブマスターツールなどでXMLサイトマップファイルの検索エンジン見えの更新具合が見れるようになっている。

WP-OGPはOGP対応でFacebookの「いいね!」が押された際に「シェア」と同様の位置のWallに流すために必要となるんで、一応、通知系に区分した。だが、WP-OGPはメンテされないまま放置されているようでURLタグが不正確になり、canonical相当の効果でページがインデックスから消える可能性がありそうなので、WordPress Facebook Open Graph protocolプラグインに差し替えた。descriptionの表示など色々不完全だったので、多少改造した

ソーシャルブックマーク系

ソーシャルブックマークをタイトル直下や投稿末尾に付加するプラグイン。WP-Twitter Retweet ButtonによるTweetボタン表示はzenbackと重複するので一時期停止していたが、zenbackが重くて表示されにくいことがあるんで、Twitterだけは、その重要度の高さからプラグインで独自に出しておくことにした。

なお、サイドについているFollow meのタブについてはプラグインによるものではなく、javascriptによるもので、こちらを参照のこと。

アクセス解析系

  • Google Analyticator
  • WordPress.com Stats
  • WP-Stats-Dashboard
  • Social Metrics for Japanese
  • WordPress Popular Posts
  • Most Shared Posts

Google Analyticatorは別途Googleサービス群の説明で記載した通り。セットでGoogleウェブマスターツールの登録を忘れずに。

その他については、以前にまとめて、「ソーシャル系のプラグイン追加」で説明した通りだ。

WordPress.com StatsとWP-Stats-Dashboardは、WordPress.com純正の統計(STAT)機能を利用するためのプラグイン。強いて言えば、zenbackなどの繋がりにより、本来無関係のはずのURLから飛んできている元をChrome拡張で表示させておくと、辿りやすい気がする。

Social Metrics for Japaneseは、Twitter、Facebookいいね、Google +1、Buzz、はてなブックマーク、livedoor Clip、LinkedInで共有された数を一覧表示するプラグインだが重い。

多くシェアされた投稿のランキングが手早く見れる&サイドバーに反映できるものとしては、Most Shared Postsプラグインの方を普段は見ている。単純にアクセス回数が多いものはWordpress Popular Postsプラグインで、はてなブックマークランキングは、javascriptによるガジェット追加。

サイトの利便性向上系

順に、サイト内の検索、ページ機能の付加、パンくず機能(サイトツリーの何処にいるかを表示する機能)追加、サイトマップページの追加、投稿の終わりやRSSフィードなどに関連記事を表示する機能の追加、画像をクリックすると拡大するように見せる機能の追加、ソースコードを綺麗に表示する機能の追加。・・・手抜き説明でサーセン。^^;

Prettify GC Syntax Highlighterによるソースコードを含む投稿をWindows Live Writer 2011で行う場合には、 「Windows Live Writer 2011でのソースコードの文字化け」で記載した注意が必要となる。現在では、日本語化けによりCrayon Syntax Highlighterを変わりに使っている。

なお、Yet Another Related Posts PluginとFancyBox for WordPressについてはzenbackとの競合などで注意点があるので、zenbackと併用する際は、前者はここ後者はこちらを参照のこと。

最後のOzh’ Better Feedはサイトそのものというより、Googleリーダーなど、RSS購読者への利便性の提供といった感じで、少し趣が違うかも。

Content Aware Sidebarsは、カテゴリー区分やタグ区分さらには投稿毎に、異なるサイドバーを見せたい場合に使う。テーマが元々備えているサイドバーを丸ごとリプレイスしたり、上下にマージさせたりと、細かいカスタマイズがカテゴリーphpを直接作成する手間なく、CMS上で可能になるプラグイン。通常はAdSenseなどでチャネル特化させたい場合などに用いる。このブログでは、主にゲームの応援バナーをゲームカテゴリーだけに付けたいとか、ゲームタイトル・ブランド毎の傾向に似合う応援バナーを見せるとかに使うかも?

なお、サイドバー以外でカテゴリー別に異なる表示をさせる場合はphpソースコードを直に編集して対応している。(「WordPressでカテゴリー毎に異なる表示」を参照)

image

Datafeedr Random Ads V2は、応援バナーや広告バナーなどをランダム表示させたい場合に重宝する。普通のテキストウィジットのようにCMSベースで使うこともできるし、上図のTemplate CodeにあるphpコードをTwentyTenテーマやWPtouchのiPhoneなどのスマートフォン向けテーマ、さらにはYARPPなどのphpテンプレートなどに直接埋め込んで使用することもできる。

なお「画像やテキストのランダム表示のjavascript版とphp版」で記載したように、プラグインを利用しなくてもjavascriptやphp直書きでもランダム表示は実現できる。検索に拾って欲しくないランダム表示は、javascript埋め込み方式で対応した方が良い。

ありがちな機能ばかりだけど、プラグインで追加しないと実現しない機能だ。

管理(ダッシュボードなど)の利便性向上系

image

CMS Tree Page Viewは、ダッシュボード上で右図のようにページをツリー表示で管理するためのもの。

Better Delete Revisionは、過去の書き込み履歴をDBから消去するプラグイン。何度も改版を繰り返していると、WordPressは昔の書き込み内容も記録しているからデータベースが次第に重くなっていくんで、書き直した過去の履歴を消す必要がある。

モバイル対応

  • Ktai Style
  • WPtouch

ガラケーとスマートフォン向けに、専用テーマを提供するプラグイン。以前、「WiPad, WPtouch, Ktai Styleプラグイン」で記載した通りだ。iPad用のテーマを提供するWiPadプラグインは今では適用してないけどね。

以前記載した通り、今ではWPtouchは正式に日本語対応している。そして、とび先に書いた通り、有料版ではiPadテーマも良いものがあるんで、タブレットPCの普及如何によっては買うかもしれない。

その他

  • WP Multibyte Patch
  • Quick Cache
  • WordPress Amazon Associate
  • FeedWordPress 
  • Thumbnail for Excerpts
  • Regenerate Thumbnails

WP Multibyte Patchは日本語版にデフォルトでついているんだが、2バイト文字を適切に扱うためのプラグインでおまじないみたいなものだ。

Quick Cacheは、WP Super Cacheの代替として選んだWordPressにキャッシュ機能を付けて表示を高速化するためのプラグイン。WP Super Cacheを使うには、インストール直後から、パーマネントリンクを、デフォルトから独自の形式に変更しておく、半ば”お約束”が必要だったんだが、俺は気が付くのが遅すぎた。^^;

WordPress Amazon Associateは、Amazonアソシエイトのガジェットをお手軽に利用するためのプラグインで、この投稿末尾についているようなものを付加するのに使う。

FeedWordPressは、RSSフィードを持つサイトから内容をパクってWordPressに蓄積するプラグインで、「WordPressを基点としたフィード・フロー」で、Google+からWordPressへの受け渡しのところで言及した。が、今は使ってないかも。w

Thumbnail for Excerptsは、ホーム・カテゴリー・アーカイブ・サーチ結果などのリスト表示で、投稿をアイキャッチ画像と一緒に表示させるプラグイン。ホームの表示は整形しているし、サーチもGoogleカスタム検索を使っているため有効にしていないが、アーカイブ・カテゴリーの表示で画像つきのリスト表示にするために仕様している。

Regenerate Thumbnailsプラグインは、OGP画像が200px以上を要求するのにWordPressのデフォルトでは150pxのサムネイルしか生成されないことから、200pxのサムネイル枠も新たに設けて、全記事のサムネイル画像を全て再度生成させるのに使用した。(参考:「WP Facebook Open Graph protocolプラグイン再調整」)


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。