電子書籍購入で発生したiPadやiPhoneのストレージ不足

iPadやiPhoneを購入する際にストレージ容量をケチった覚えはなく常に最大容量のものを選んできたが、ついにストレージ容量が限界を迎えたようだ。

iPad2_strage_iOS

まるでスワップしまくりのようなiPad2の動作遅延を見て設定>一般>使用状況で空き容量を表示させると、もう100MB前後しかなかった。

画面右では21GBくらい空いた状態だが、もともと音楽データで24GBくらい占有していたものを、全て消したためだ。以前のように何の制限も考えずに詰め込むと、64GBのストレージでは容量不足に陥ってしまう。

一体、なににストレージ容量を食われているのかというと、右の画像の表示順通り、少年マガジン、BookWalker、Kindle、JUMP BOOKといった電子書籍アプリだったりする。

音楽データも24GBを占有していたのだから、電子書籍のせいだけってわけじゃあないが、電子書籍を何冊も購入していくうちにダウンロード済みデータが増えて、22GB食うようになってしまった。今後も同じような買い方をしてデータを蓄積していけば、増加の一途をたどるだろう。

続きを読む

カテゴリー: ハードウェア | タグ: , , | コメントする

2013年後半に遊んだiOS向けRPGの感想

2013年後半にプレイしたのは、順にFinalFantasy5、TOH-R、ドラクエ8の三本。有料アプリ&すべて移植もので、ある程度の販売実績を上げてきたタイトルばかりだ。

image

それぞれ長所短所あるが、おすすめ順を言えば、TOH-R>>FinalFantasy5=ドラクエ8。オリジナルが開発された年代は、TOH-Rが2008年くらいでFF5が1992年、DQ8が2004年であることを考えれば、DQ8の出来栄えが少し悪い感じ。

いや、二頭身キャラのFF5よりは良いはずなんだが、スマホの縦画面固定と視界調整アルゴリズムが賢くないことによる移動時の視界の悪さと操作性の悪さによるストレスにより、評価が下がってしまうのだ。^^;

とはいうものの、やっぱり販売実績がそれなりにあるゲームタイトルは、既にシステムが時代遅れであっても、それなりに楽しめるものだ。だがそれは俺の”懐古”による錯覚である可能性もあり、ひょっとすると今では駄目出しされるのかもしれない。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム | タグ: , | コメントする

WordPress 3.8 ~Twenty Fourteenの感想~

新しい職場環境に慣れる為に殆ど顧みる暇も無くなったが、WordPressのバージョンアップが早くなってWordPress 3.7~3.8とかリリースされる間にTwenty Fourteenもリリースされていた。

image

LAN内で適当にスクラッチからインストールして試してみたが、デフォルトでは右図のような簡素なデザインで、いつもの欧米的な馬鹿でかいヘッダーがないので使いやすいかもしれない。

最初、Twenty Fourteenのデモサイトを見た時は随分と見栄えのするテーマに見えたんだが、動画・写真などを沢山揃えてTwenty Fourteen短冊でペタペタ貼って、記事も一杯書かないとリンク先のようにはならないという。^^;

また、現在使っているプラグインの類も機能しなくなるものや、直接は関係ないがMySQL DBタイプを変えないと関連が取れないとか、やっぱり一からカスタマイズするのは、もうメンドイ。

続きを読む

カテゴリー: ソフトウェア | タグ: | コメントする